CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
3Dconnexion 3Dマウス SpaceNavigator SE (Standard Edition) SNSE


Nero 8 通常版


Poser 7 日本語版 for Windows ガイドブックバンドル


Autodesk Maya Unlimited 2008 学生・教員版 スタンドアロン


Shade10ガイドブック
shadewriters

3Dキャラクタアニメーション Blender(DVD付)
トニー・マレン

Creative Suite 3 Master Collection Windows版


素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
浅岡 省一

BlogQRCode
BlogQRCode
<< 越権にモノ申す・1114 | main | 検査証作業・1115 >>
暴力の国・1114
オバマ「12月15日暗殺危機」

歴史は繰り返すのか?
既に3回もの未遂事件。。。
自分には祈るしか出来ない。。。
米国史上初の黒人大統領誕生に向け、
バラク・オバマ次期大統領(47)の周辺は
世界最高レベルの超厳戒態勢が敷かれている。

「オバマの警護態勢は、通常の2倍とも3倍ともいわれています。
警護対象はオバマ本人はもちろん、ミシェル夫人や2人の娘、
ケニアの祖母宅にまで及ぶ。いずれも24時間態勢で警護にあたり、
オバマの通うジムにも重武装の警備隊が張り付いている。
ブッシュ用をはるかにしのぐ硬度のオバマ専用キャデラックの
製造を急ぐなど、大統領就任後の警護態勢を急ピッチで整えています」
(米在住ジャーナリスト)

 大統領を守るシークレットサービスが過剰なまでに
神経をとがらせるのは、過激な白人至上主義勢力(KKK)などが
「オバマ暗殺」を企てる懸念が消えないためだ。
すでに3件の暗殺未遂が発覚。
来年1月20日の就任式までの間に、
いつオバマが不測の事態に巻き込まれても、
おかしくはないのだ。

「当面の警護のヤマは、大統領が正式に選出される
来月15日の『選挙人投票日』です。
それまでに次期大統領が何らかの事態で『職務不能』に陥れば、
前例のないケースとなる。
共和党と民主党の党規約では、
改めて新大統領候補と副大統領候補を選び直す必要がありますが、
事実上の大統領選のやり直しに国民が納得するのか。
全米に史上空前の大パニックを招くことになります」
(前出のジャーナリスト)

 12月15日の選挙人投票後なら、
副大統領の当選者が新大統領に昇格し、副大統領を指名する。
いつオバマが殺されても混乱必至だが、
投票後の方がスムーズに継承が進むのは間違いない。
オバマもSSも“見えない敵”に気の抜けない日々が続く。

(日刊ゲンダイ2008年11月11日掲載)
| other | 18:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
COMMENTS
相変わらず、不安がぬぐえません。

11月9日(9.11の裏返し日)は無事に通過したようだが、さて、今度はどうだろうか…。

ってさ、就任前からこれじゃ、北朝鮮拉致問題どころじゃありませんな。
やはり、当国にとって、よかったのかどうか…。
| torimie | 2008/11/15 5:49 AM |
>torimieさん

うーむっ、自国での安全も確保に難色では
日本にとっても勿論そうですけど
世界的にどうなんでしょう?って不安も大きいですね
しかし。。。どうして米国って。。。
こうなんでしょうかね。。。org
| 太郎丸 | 2008/11/15 12:15 PM |
COMMENTS









TRACKBACK URL
http://blog-2.taromaru.net/trackback/974341
TRACKBACK
 
//------------スクリプトココまで //------------スクリプトココまで