CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
3Dconnexion 3Dマウス SpaceNavigator SE (Standard Edition) SNSE


Nero 8 通常版


Poser 7 日本語版 for Windows ガイドブックバンドル


Autodesk Maya Unlimited 2008 学生・教員版 スタンドアロン


Shade10ガイドブック
shadewriters

3Dキャラクタアニメーション Blender(DVD付)
トニー・マレン

Creative Suite 3 Master Collection Windows版


素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
浅岡 省一

BlogQRCode
BlogQRCode
<< Firefox UPDATE情報 | main | クラウドβ始まる >>
Youtube苦渋の決断
YouTube、英国でミュージックビデオを遮断。権利団体との交渉難航で
著作権料徴収団体から何倍ものライセンス料を要求され、
契約更新の交渉が難航しているとYouTubeは説明している。
Google傘下の動画共有サイトYouTubeは3月9日、
英国でレーベルが提供するプレミアムビデオへの
アクセスを遮断することを明らかにした。


 遮断の理由について、
同国の音楽著作権料徴収団体PRS for Musicとの
ライセンス契約を更新できていないためとYouTubeは説明している。
同サイトは提携先レーベルのミュージックビデオを
英国のユーザーに配信するため、PRSとライセンス契約を結んでいた。
契約満了に伴って契約更新の交渉を進めていたが、
PRSはこれまでの何倍ものライセンス料を要求し、
「PRSが提示する条件では、ビデオが再生されるごとに多額の損失が出る」
とYouTubeは述べている。

 またPRSはライセンス契約でどの楽曲を提供できるのかを
積極的には明らかにしておらず、
そうした不透明性も契約更新の障害になっているという。

 YouTubeはPRSと協議を続けているが、
合意に至るまでは、レーベルのビデオへの
英国からのアクセスを遮断するとしている。
同サイトはこれを「苦渋の決断」としつつも、
「レコードレーベルとの問題ではない。
われわれは彼らのほとんどと良好な関係を持っている」と強調している。

 一方PRSは、YouTubeの措置は同団体に相談なく行われたもので、
「消費者および作曲家を代表して憤慨している」とコメント。
「Googleは、YouTubeの視聴件数が大きく増えているにもかかわらず、
サービスの要である音楽の作者に支払う金額を大幅に減らしたがっている」
と述べている。

音楽著作権問題ですねぇ、版権問題は難しいですなぁ。。。
| IT-challenge | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENTS
COMMENTS









TRACKBACK URL
http://blog-2.taromaru.net/trackback/1107066
TRACKBACK
 
//------------スクリプトココまで //------------スクリプトココまで